埋設型融雪機 バークス・プレステージ

自社開発した埋設型融雪機です。融雪機とは、本体の中で燃焼させトリプル融雪方式により、驚異の融雪効率100.8%(北海道立工業試験場での性能試験結果)を実現!同じ量の雪を溶かすのであればランニングコストが1番安い商品になります。

車2,3台分の雪(15cm)を、わずか15分で融雪!!

商品特徴

・バーナー直熱による融雪
・高温排気熱風による融雪
・強力シャワーによる融雪

融雪効率以外にもバークス・プレステージは他社製品と比べ様々な違いがあります。

(1)燃焼炉が違う

 高温に耐えるクロム・モリブデン鋼使用の厚計6.4mmの2重炉を採用。

(2)防湿構造バーナー室構造が違う

 バーナー室はシーズンオフや非使用時に心臓部を高湿度環境から守る先進の高気密構造で構成されているため心臓部の寿命が違います。

(3)操作性が違う

 面倒な操作は一切不要。雪を投げ入れるだけで後は自動で融雪されます。

(4)安全性が違う

 業界トップレベルの安全装置を装備。高出力でも安心安全。落下防止枠付き。

(5)防錆処理のグレードが違う

 本体の防錆処理は、JIS規格の溶融亜鉛メッキHDZ35。

(6)ステーダンパー付き一枚蓋が違う

 上蓋は車(1.5t)が載ってもOK!しかも誰でもカンタンに開閉できるステーダンパー付き。

(7)信頼性が違う

バーナー、ポンプから燃焼炉体まで全て日本製!安心の高品質。

(8)保証が違う

2年の製品保証付き!その後も有料メンテナンスにて万全のケアを行っております。

埋設設置例

 

本体価格

758,000円(税別)

ほっとけ〜る

商品特徴

1.経済的・効率的なランニングコスト
2.安全で静かなクリーンシステム
3.地面とフラット設置で段差が無い
4.どんな雪質もパワフル融雪
5.カンタン手間いらず、しかも長期保証

商品説明

電気融雪槽「ほっとけ〜る」は融雪用の電気ヒーター、水温を検知する温度センサー、融雪水を排水するポンプの3つの機能が融雪槽の底部に取り付けられており、常時水没した状態で稼動します。

融雪槽内に雪が投入され、槽内の水温が2℃以下になると自動的に電気ヒーターが作動して融雪を開始、融雪水位が高くなるとポンプが自動で作動して。数分間排水を行い、一定水位になると停止します。

雪が融けて槽内の水温が10℃以上になると電気が自動的に切れて、電気ヒーターによる融雪が終了します。電気ヒーターが止まっても水温により融雪は継続されます。

                    

冬の初めにブレーカーと電源を入れれば春まではそのままで、融かしたい時に雪をいれるだけなので操作はラクチン!

                    

落下事故防止の為の落下防止枠付きのためお子様がいても安心!

商品詳細を見る

価格

お問い合わせ下さい

ロードヒーティング

商品説明

当社のロードヒーティングは、電気・温水とも『スーパー断シーツ』という断熱材を使用しています。 ※1枚目と2枚目の写真で、電熱線・温水パイプの下に敷いてある銀色のマットです。これは、電熱線や温水パイプから発生した熱を、下方へ逃さず地表に伝えるための敷物で、熱線透過率がほぼ0%のマットです(北海道立工業試験場調べ)。また、センサーは赤外線による降雪検知の他に、外気温検知と地温検知があり、この3つのセンサーによる制御で、無駄のない経済的な自動運転ができます。(通常のセンサーは水分検知方式で融雪効率20%、弊社のセンサーは赤外線3要素で断シーツとの組み合わせにより融雪効率34%)ロードヒーティングは、使用する道具もそうですが、施工の違いによっても効果が違うことが多い商品です。また、値段にとびついて施工したのはいいけれど、車が上がれない、融け方が均一でない、数年後に行わなければならない不凍液の交換ができない、安価な輸入の電熱線を使用したため断線した、地中電気結線部の漏電等、さまざまな故障やクレームが発生しているのも事実です。当然そのような施工会社が永年して存続するわけもなく、途方に暮れているお客様もいらっしゃいます。当社のロードヒーティングの施工に携わる職人は、融雪工業会の融雪設備士の資格を持ったその道の玄人ですから、後々のメンテナンスや何かあった場合の対処等、例え他社に引き継いだ場合でも安心の施工です。

施工風景

価格

別途見積

融雪トラフ

商品説明

除雪車の残した雪、屋根からの落雪、ロードヒーティング未設置部との境に出来る段差の雪氷など固い雪の処理に。道路脇の圧雪処理・公共施設に。圧雪処理簡易設備として‥

価格

別途見積

DAIAMONDSOLAR(太陽光発電システム)

MITSUBISHIから提供される「三菱住宅用太陽光発電システム」も弊社でお取扱中です。 →商品詳細を見る

ゴムチップ舗装

商品特徴

・表面が凍りづらい為、除雪が楽です。
・厳寒日(気温零下) が続いても厚い氷がつきづらいです。
・水はけが良いため滑りません(無数の隙間があり水は浸透します)。
・クッション性が良く心地よい歩行を体感できます。
・歩行の際、音が吸収され静かな環境を保てます。
・タイル、コンクリート、アスファルト、ブロックなどに比べ、ゴム弾力の弾性、緩衝性効果により安全です。
・施工は既存の下地上(コンクリート・アスファルト等)に塗り載せますので費用は安くすみます。
・ノンスリップの色を変えれば暗くなっても段差がはっきりわかります。
・アスコン・コンクリート・インターロッキング等々を撤去せずそのまま施工可能です。
・※ロードヒーティング上に施工も可能です。

商品説明

ゴムチップ舗装とは、砕いたゴムに液剤をまぜ、現場で舗装をする工法です。ゴムで行う左官の様なイメージです。様々な形状に合わせて施工できるゴムチップ舗装は、今注目の素材です。
・テラス、玄関前のモルタルひび割れ防止に・・・
・冬場の氷割りのために起こるタイル等の欠け防止に。・・・
・アパート階段の積雪、着氷の防止に・・・
・玄関、アプローチのバリアフリーに・・・
・露天風呂、プールサイド、ゴルフ練習場の床に・・・
・集合住宅の歩行者靴音の軽減に・・・
・校庭、幼稚園、保育所、公園の遊具まわりに・・・
・運動公園、遊歩道、ジョギングコース、歩道橋などの公共施設に・・・
・チップ素材が細かい為、零下になって厳寒日が続いても氷が出来ずらいです。積もった雪をある程度スコップでかいていただければゴム舗装上の雪溶けはとても早いので,舗装素材として最適です。
・ゴム素材で色が豊富な為、様々なデザインを施工出来ます。
※カラーバリエーション豊富に取り揃えております。
お見積り無料ですのでお気軽にご連絡下さい。

施工例はこちらへ

  • ゴムチップ施工例
  •                     

    Page Top