遊具下の安全について

安全基準について

厚生労働省では、遊具の事故による児童の重大事故発生件数の増加が懸念されていました。そこで 事故の形態や件数を調べた物が下図になります。
                                         

図の通り遊具での事故は年々増加傾向にあります。しかし日本には屋外遊具に対する明確な工業基準がありませんでした。そこで、世界で最も大きな規格団体であるASTM(アメリカ材料試験協会)の規格に則り、現在の遊具周りの安全性を高めております。
                    

子供たちの遊び場をより安全な空間にする為に

弊社のゴムチップ舗装に関しては、遊具事故の最も大きな割合を占める、転落・落下(50〜60%)と密接な関係がある床材です。ASTM(アメリカ材料試験協会)の規格の中でHIC(頭部損傷基準値)という基準をに則り重大な事故を軽減する施工が可能です。     

HIC試験の概要

HIC試験報告書表紙

                        

落下衝撃試験測定表

                        

試験結果表

                        

試験状況

                        

Page Top